スポンサーサイト

  • 2017.04.30 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    食事制限によるダイエットでリバウンドしてしまう理由

    • 2017.02.21 Tuesday
    • 23:08

    ダイエットのために食事の量を減らすばあい、後先を考えずに行う食事制限は体にいい影響がありません。確かに、ただ体重を減らすだけなら、食べる量を少なくすればいい話ですが、リバウンドが起きてダイエットがうまくいかないこともあります。食事制限をすることで、どの栄養素の摂取量を減らし、どの栄養素を摂取し続けるのかで、リバウンドの予防ができるでしょう。ダイエットをした時にリバウンドが起きるのは、栄養の欠乏のせいで代謝が下がりすぎたり、食事制限のストレスで食べ過ぎたりするためです。食事制限をする際に控えなければならないのが、高カロリーである糖質や脂質が含まれる食べ物です。脂質や、糖質は食事のメインとも言われる存在になりますので、これらの成分を食べずにいるとストレスが蓄積して、ダイエット後に反動がきてリバウンドする可能性が高くなります。食事制限をして体重を減らそうとしている時は、身体は栄養不足を補うために、体内に送られてきたエネルギーを貯蔵しようとしています。体内に十分に栄養が存在していないときにたっぷり食べると、糖質や脂質は消費されずに、身体に貯め込まれやすい状態になります。カロリーをエネルギーとして燃やさないようにすることで、余るカロリーを増やし、体脂肪にして貯めます。急激なダイエットをしようとせず、毎月少しずつ痩せていくために、極端な食事制限はせずにゆるやかなカロリー制限にします。基礎代謝をアップさせる効果のある筋トレや体脂肪を燃焼させる効果があるウォーキングなどの有酸素運動を生活の中に取り入れるのがおすすめです。食事制限をするとリバウンドが起きやすくなるというメカニズムを理解することで、スムーズに体重を減らすことが可能です。

    スポンサーサイト

    • 2017.04.30 Sunday
    • 23:08
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする